2台連動可能!SwitchBotロックのツインロックモード設定手順

こんにちは!

今回は、ついに可能になったSwitchBotロックの2台連動機能

「ツインロックモード」

を機能を設定手順付きでご紹介します。

玄関の鍵が2つあるユーザにとっては、待ちに待った追加機能で利便性が大幅向上しています。

目次

SwitchBotロック「ツインロックモード」とは

SwitchBotロックはこれまで、玄関の鍵が2つの場合は別々に付け、別々に解錠、施錠を行わなくてはいけませんでした。

しかし、この新登場の「ツインロックモード」を使えば1つのボタンで2つのSwitchBotロックを同時に解錠、施錠を行うことができます。

何が良いかというと、2つのロックを別々に解錠、施錠する場合は1つロック操作をすると、もう1つのロックは操作負荷なので1つ目の操作が完了しないと2つ目の操作ができませんでした。

なのでロック操作に10秒くらいの時間がかかっていたのです。

このツインロックモードならば1つの操作で済むので3秒程で済みます!

ツインモード設定手順

それでは実際の手順を画面付きで追っていきます。

①SwitchBotアプリを起動

②連動させたいSwitchBot ロックのメイン側をタップする

※今回は例として「玄関上」

③右上の歯車ボタンをタップ

④「ツインロックモード」をタップする

⑤注意事項を読んで「設定へ」をタップ

⑥「サブデバイスを選択」で2代目のSwitchBotロックを選択します。

※今回は「玄関下」を選択しています。

⑦「ツインロックモード起動中」の画面が表示されるので待ちます。

⑧「ツインロックモードを有効にしました」になるまで待ちます。「次へ」をタップします。

※「名称」は「ツインロック」から任意の名前に変えられますのでわかりやすい名前に変えてください。

⑨「解錠テスト中」が表示されるので待ちます。

⑩「テスト終了」が表示されたら「完了」をタップします。

⑪アプリのメイン画面い戻り、「ツインロック」(もしくは任意に変更したデバイス名)が表示されたら完了です。

⑫自身で解錠テストを行ってみて、連動操作ができたら成功です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・2児を持つアラフォー、IT職パパリーマン
・妻と子の下僕6年生
・転職経験や副業の話、パパ目線の子育てやお出かけスポットを紹介しています!
・ITを活用した便利術も載せています!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる