スマートロック2台を同時操作!SwitchBotロックのツインロックモード紹介

こんにちは!

今回は、ついに可能になったSwitchBotロックの2台連動機能

「ツインロックモード」

の機能を設定手順付きでご紹介します。

ツインロックモードはSwitchBotロックのファームウェアアップデートで実現した機能です。

玄関の鍵が2つあるユーザにとっては、待ちに待った追加機能で利便性が大幅向上しています。

↑ツインロック動作中↑
目次

SwitchBotロック「ツインロックモード」とは

SwitchBotロックはこれまで、玄関の鍵が2つの場合は別々に付け、別々に解錠、施錠を行わなくてはいけませんでした。

しかし、この新登場の「ツインロックモード」を使えば1つのボタンで2台のSwitchBotロックを同時に解錠、施錠を行うことができます。

解錠の手間解錠所要時間
ツインロックモードなし①1つ目が解錠ボタンを押す
②1つ目の解錠確認
③2つ目の解錠ボタンを押す
④2つ目の解錠確認(完了)
10秒ほど
ツインロックモードあり①解錠ボタンを押す
②解錠を確認(完了)
3秒ほど
ツインロックモードあり/なし比較

急いでいるときの10秒というのはかなり長く感じます。

これが3秒に短縮されるので、急いでいても大丈夫ですね。

SwitchBotロック ツインロックモードメリット/デメリット

ツインロックモードには上記のような、時短のメリットがありますが、

その他の実際に使っていてわかった、リアルなメリット、デメリットを紹介します。

メリット
  • カギの開け閉めの手間と時間が減る
  • 子供を抱っこしていたり、大きな荷物を持っていてもボタン一つで一発解錠
  • 遠隔で玄関の施錠確認ができる
  • SwitchBot製品シリーズと連携できる
デメリット
  • 小さな子供がドアの下のカギを開けると上のカギも連動して開いてしまう
  • 近づくと解錠する機能はなし
  • スマートロックに締め出される可能性がある

どのスマートロックにも家から閉め出されるリスクはありますが、

SwitchBotロックには「キーパッド」製品があり、暗証番号や指紋認証でカギを開けることができるので安心です!

あわせて読みたい
あわせて読みたい
もうスマートロックに締め出されない!暗証番号解錠SwitchBotキーパッドレビュー 皆さんはスマートロックに締め出しを食らったことはありますか? 私はあります笑 カギ無し、スマホ無し、財布も無く、上半身が下着の姿で外に野ざらしになりました。 そ...

こんな人におススメしたいSwitchBotロック

SwitchBotロックは多くの人におススメできるスマートロックですが、特にこんな人におススメというポイントを書きます。

  • 比較的リーズナブルなスマートロックが欲しい
  • 他にもSwitchBot製品を使っていて、連携させたい
  • 物理キーの暗証番号解錠や指紋認証解錠を使いたい

詳しくはレビュー記事を書いてありますのでご参考にされてみてください!

あわせて読みたい!

あわせて読みたい
【スマートロック】SwitchBotロック3か月使用レビュー ついにSwitchBotからスマートロックが発売されました! その名も「SwitchBot ロック」です! 早速設置し、使用3か月が経過したので良いところや悪いところ、他製品と違...

SwitchBotロック ツインロックモード設定条件

ツインロックモードの設定には以下3つの条件が必要です。

  • SwitchBotロックが2台必要
  • ファームウェアがv5.8以降である
  • アプリバージョンがv6.10以降である

注意すべきはSwitchBotロックのファームウェアバージョンと、スマホなどにインストールされているSwitchBotアプリのバージョンですね。

もし「ツインロックモード」の設定項目が表示されない!という場合はバージョンを確認してみてください。

SwitchBotロック ツインロックモード設定手順

それでは実際の手順を画面付きで追っていきます。

①SwitchBotアプリを起動

②連動させたいSwitchBot ロックのメイン側をタップする

※今回は例として「玄関上」

③右上の歯車ボタンをタップ

④「ツインロックモード」をタップする

⑤注意事項を読んで「設定へ」をタップ

⑥「サブデバイスを選択」で2代目のSwitchBotロックを選択します。

※今回は「玄関下」を選択しています。

⑦「ツインロックモード起動中」の画面が表示されるので待ちます。

⑧「ツインロックモードを有効にしました」になるまで待ちます。「次へ」をタップします。

※「名称」は「ツインロック」から任意の名前に変えられますのでわかりやすい名前に変えてください。

⑨「解錠テスト中」が表示されるので待ちます。

⑩「テスト終了」が表示されたら「完了」をタップします。

⑪アプリのメイン画面い戻り、「ツインロック」(もしくは任意に変更したデバイス名)が表示されたら完了です。

⑫自身で解錠テストを行ってみて、連動操作ができたら成功です。

お疲れ様でした。

「ツインロックモード」が表示されない場合

SwitchBotロックの設定で「ツインロックモード」が表示されない場合はファームウェアが古いことが考えられます。

以下の設定画面から、「ファームウェア&バッテリー」を選んでファームウェアを最新にアップデートすると表示されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・2児を持つアラフォー、IT職パパリーマン
・妻と子の下僕6年生
・転職経験や副業の話、パパ目線の子育てやお出かけスポットを紹介しています!
・ITを活用した便利術も載せています!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • はじめまして。SwitchBotのツインモード設定拝見しました。
    とても分かり易くてありがたいです。
    当方も1ドア2ロックなのでツインモード設定したいのですが歯車内にツインモード設定欄が
    ありません💦どうしてなのかお分かりでしょうか?

    • 大阪 犬子様

      はじめまして!コメントいただきありがとうございます。
      ツインロックモードの表示がされないとのことですが、おそらくSwitchBotロックのファームウェアが最新バージョンにアップデートされていないからではないかと推察します。

      SwitchBotアプリで2台両方のファームウェアを最新化してあげた後にもう一度設定画面を確認してみていただくとひょうされるのではないかと思います!

      是非お試しください!

      くんちょーブログ管理人

  • はじめまして!
    こちら鍵用に同じものを2つ購入されたということでしょうか?

    • こんちには、はじめまして!
      はい、玄関ドアにカギが2つあるので同一機種を各鍵用に2つ用意しました。

コメントする

CAPTCHA


目次