AmazonブラックフライデーでおススメなSwitchBot製品8選

この記事を書いた人:くんちょー
IT職パパリーマン
・本業でのIT知識を活かして、誰でもできるスマート家電活用術を紹介しています。
・スマートホーム歴5年
・2児を持つアラフォー、妻と子の下僕 7年生

2023年11月24日(金)~12月1日(金)で開催!

今回はこれまでSwitchBot製品を3年間愛用し続けてきた経験から、今回のブラックフライデー向けにおススメSwitchBot製品を紹介します!

年に一度の

\ブラックフライデー限定セール!/

目次

SwitchBotロック

SwitchBot製品で特におススメしたい製品は、SwitchBotロックです。

スマートロック製品であるSwitchBotロックは愛用し続けて1年半です。

我が家の玄関にはカギが2つあるのでSwitchBotロックも2台!

ワンタップで2つ同時に連動させることが可能なのでとても助かっています。

SwitchBotタッチパッド(「ロック」と連携)

SwitchBotタッチパッドSwitchBotロックを「指紋」「カードキー」「暗証番号」で解錠させる連動製品です。

カギを開けるときに毎回スマホを取り出す必要がないのでとてもカンタンで早いです!

もちろん、SwitchBotロック2台の連動にも対応していて一発で解錠できます。

\セットがおススメ!/

SwitchBot K10+ (世界最小ロボット掃除機)

世界最小級ロボット掃除機のSwitchBot K10+です。

従来のロボット掃除機と比べると約半分の大きさで、軽い!

テーブル椅子などの狭いスキマもスイスイと入り込んできれいにしてくれます。

それなのに吸引力はパワフルな2500paなのでしっかりお掃除してくれます!

SwitchBot屋内カメラ

SwitchBot屋内カメラは我が家では子供のお昼寝見守りカメラとして3年間大活躍しています!

サイズはとってもコンパクトで軽いです。

↓ウチでは寝室の壁に設置していて、部屋の様子は問題なくわかります。

↓赤外線も自動で切り替わり、キレイです!

↓アレクサと連携すればAmazon Echoシリーズからも見ることができます。

SwitchBotブラインドポール

ブラインドを持っている方は必見!

SwitchBotブラインドポールはすでに持っているブラインドの開閉を自動やスマホ、スマートスピーカーからできる製品です。

毎朝の起床時間になると自動で開けてくれるような目覚ましの使い方もできるので、朝の光で気持ちよく起きられます!

SwitchBotボット

SwitchBotボットは家のスイッチやボタンを物理的に押してON・OFFを切り替えてくれる製品です。

我が家では玄関の明かりを自動でON・OFFしてくれています。

玄関に来ると、下で紹介しているSwitchBot人感センサーと連携して自動で作動します。

動きが無いと1分でOFFにしてくれる設定もできて、とっても優れものです!

SwitchBot人感センサー

SwitchBot人感センサーはこれ単体ではなく、上で紹介したSwitchBotボットなどと連携して使う製品です。

一見カメラのようですが、動きや光を察知するのみです。

動きを察知したログも残るので、防犯としても役立ちます!

SwitchBotハブミニ / ハブミニ2

SwitchBotハブミニ、ハブミニ2は簡単に言うとスマートリモコンです。

SwitchBotハブミニは、外出先からSwitchBot製品を操作したり、赤外線でテレビやエアコンをオン、オフするなどが可能です。

「温湿度計とかいらない」場合はお安いのでこれで十分です。

SwitchBotハブミニ2は基本的には同じですが、温湿度計や光センサーが付いている製品です。

SwitchBotハブミニ

SwitchBotハブミニ2

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・IT職パパリーマン2児を持つアラフォー
・妻と子の下僕6年生
・IT知識を活かしてカンタンにできるスマート家電活用術を載せています!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次